【離島奪還】陸上自衛隊と米海兵隊の実動訓練 アイアンフィスト19  

Topics

陸自から過去最大規模となる約550名が参加

2019年1月7日(月)〜2月16日(土)まで、陸上自衛隊と米海兵隊は、日米共同訓練「アイアン・フィスト19(鉄の拳)」(exercise iron fist 19) を米カリフォルニア州のペンデルトン基地とその周辺海域で実施しています。

本訓練には、陸上自衛隊から、過去最大規模となる約550名が参加しており、その編成は、陸上総隊司令部、水陸機動団本部等からなる統裁部及び水陸両用車10両を含む第1水陸機動連隊を基幹とする訓練部隊からなります。
米軍からは、第1海兵機動展開部隊司令部、第1海兵師団司令部、第1海兵連隊、第3艦隊水陸両用戦隊等が参加しています。

本訓練は、昨年3月に新編された水陸機動団の新編初年度における総仕上げの訓練でもあります。27日(日)からの総合訓練においては、米海兵隊のMV-22等の支援を受けるとともに、米海軍から揚陸艦、LCAC等の支援を受け、人員・装備品の艦艇への搭載~海上機動~着上陸~着上陸後の戦闘までの一連の行動を練成します。

教育訓練・その他活動 (陸上自衛隊)

 

アイアン・フィストは毎年1月から2月にかけて実施。敵に奪われた離島を奪還する作戦を中心に、数多くの戦場で実戦を積んだ米海兵隊との連携を深めながら、自衛隊の作戦遂行能力を向上させるための演習が展開されています。

今回は2018年3月に新編された水陸機動団の総仕上げの訓練となるようです。

 

共同訓練開始式

 

上陸用ゴムボートを使ったサーフ・パッセージ(荒波の中を漕ぎ進む訓練)

(Photo, Movie : DVIDS)

 

市街戦を想定した戦闘訓練

 

MV22 オスプレイ搭乗訓練

(Photo, Movie : DVIDS)

地上部隊支援訓練

 

スタングレネード(手榴弾)を使用した建屋での突入訓練

 

水陸両用車 AAV7 を用いた実射訓練

 

戦闘中の負傷者に対する救急・搬送訓練

(Photo, Movie : DVIDS)

 

Exercise Iron Fist 2019 Camp Pendleton
Exercise Iron Fist 2019

 

 

水陸機動団 略称:水機団(すいきだん)は、2018年(平成30年)3月27日に創設、陸上自衛隊に新編された部隊。陸上総隊直轄の部隊で、団本部は長崎県佐世保市の相浦駐屯地に設置される。沖縄県・尖閣諸島など、南西諸島の離島有事への対応を想定している。

 

水陸機動団部隊章

 

シンボルマーク

 

 

【陸自】水陸機動団 海外で実施された合同訓練に初参加 
アメリカとフィリピンの合同軍事訓練「カマンダグ」 アメリカ海軍のドック型揚陸艦USSアシュランドと海兵...

 

 

 

▼この記事をシェアする

Leave a Comment