【護衛艦いずも】韓国への寄港中止決定 多国間共同訓練は参加

Topics

いずもなど数隻の海自艦艇 韓国・釜山への入港取りやめ

防衛省は5日、4月に計画していた海上自衛隊の護衛艦「いずも」の韓国への寄港を取りやめることを正式に発表しました。いずもなど護衛艦数隻は、韓国からシンガポールへ向かう多国間共同訓練の際に釜山へ寄港する予定でしたが、韓国海軍艦艇による海自哨戒機への火器管制レーダー照射問題などで日韓関係が悪化していることから、寄港の見送りを韓国側に通告したということです。

 

防衛省によると、東南アジア諸国連合(ASEAN)拡大国防相会議の関連会合に合わせ、4~5月に多国間の海上共同訓練が韓国沖などで計画されている。その際に、いずもなど数隻の海自艦艇を韓国・釜山に入港させる予定だったが、取りやめる。海上訓練には参加する。

防衛省報道官は記者会見で「日韓関係が建設的に前進する方向で対応することが重要だ。検討の結果、今般の対応が最も適切だと判断した」と述べた。

防衛省、「いずも」韓国寄港見送りを正式発表 (産経ニュース)

 

韓国に寄港はしないが、アジア・太平洋各国の海軍が揃う多国間の海上共同訓練には参加するようです。

 

小野寺前防衛相「他国と同調し韓国に強い圧力を」

2月4日の衆議院予算委員会で、小野寺五典前防衛相が韓国への対応について、国際世論に強く訴えていくべきと発言されました。

 

韓国の中央日報が掲載しています

小野寺五典前防衛相が4日、日韓関係の悪化に関連し、「韓国とは同じ土俵で戦うのではなく、丁寧に無視する必要がある」という趣旨の主張をした。

直前の防衛相であり自民党内安保調査会会長の小野寺氏は、この日衆議院予算委員会に出席し、安倍晋三首相をはじめ、閣僚に韓日関係に対する質問を投じた。

小野寺氏は、米国ジョージ・W・ブッシュ政府で大統領特別補佐官を務めたマイケル・グリーン氏が最近のメディア寄稿で「オーストラリアからシンガポールまでアジア国家のほとんどの政府は現在の日韓関係悪化の主要な原因は韓国にあるとみている」と指摘した部分を集中的に浮き彫りにし、韓国を相手にするよりも国際世論に訴える方がよいと主張した。

小野寺氏は「韓国に対して何か言うよりもむしろこのような国際社会の雰囲気が韓国には強力なメッセージになる」としながら「韓国とは同じ土俵に上がってさまざまにやり取りをしても仕方がない。むしろ国際世論に訴えていくことが大切」と述べた。

続いて「韓国にしなければならないことは、事実に基づいた冷静な抗議であり、(低空飛行をはじめとして)韓国側がいうさまざまな問題については、同じ土俵で戦わずに、むしろ『丁寧な無視』をするくらいの心構えが必要でないだろうかと思う」とした。

小野寺氏はレーダー照準問題を取り上げて「(日本だけでなく)北朝鮮の瀬取り監視活動に協力している米国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなど多く国があるが、このような国々も哨戒活動中に韓国からレーザーを照準されるのではないかという心配がある」としながら「このような国々と共に韓国に圧力を加えることが重要だ」とも主張した。

あわせて「(韓国艦船からレーザー照準があったと日本が主張する)昨年12月20日、日本の排他的経済水域内では北朝鮮船舶の操業そのものが違法なのに、その船舶はいったい何をし、なぜ韓国軍艦と警備艦がそこにいたのか謎」とし「韓国は遭難船舶に対する人道的な作戦を行っていたと主張しているが、本当に救助だったのかどうか不可解さは消えない」と繰り返し疑惑を提起した。

先月7日開かれた自民党国防部(韓国)会などでは「実は韓国軍が国連制裁決議を破って北朝鮮と接触していたのではないのか。その場面 をP-1(哨戒機)が発見したため火器管制レーダーを照射して追い払おうとしたのでは」という主張が出たことがある。

一方、安倍首相は韓国との葛藤問題を国際世論に訴えなければならないという小野寺氏の主張に対して「国際社会の理解を得ようと努力していくのは当然のこと」と同調した。

日本前防衛相「韓国とは同じ土俵で戦うのではなく、丁寧に無視を」(中央日報)

 

中央日報は、「韓国とは同じ土俵で戦うのではなく、丁寧に無視する必要がある」という趣旨の発言と報じていますが、実際に小野寺前防衛大臣の国会での質疑を見たところ、要点は「再発防止の点からも韓国にメッセージを出すだけじゃなく国際社会に訴えるべき。北朝鮮の瀬取り監視に協力している多くの国も、哨戒活動中に韓国艦船からレーダー照射されるのではないかと心配している。他国と強調して韓国に強い圧力をかけるのが大切」ということで、「丁寧に無視」という発言は確認できませんでした。

この中央日報の論調から、韓国側は無視されることを特に恐れているという印象を持ちました。

 

それにしても小野寺前防衛相のこの見解、韓国のメディアは取り上げているようですが、

日本の主要メディアは伝えているのでしょうか?

 

一切見当たりません。

 

「他国と同調し強い圧力を」

韓国への対応はこれに尽きると思います。

 

 

昨年10月、済州島で行われた国際観艦式で自衛艦旗の旭日旗を掲げないよう韓国政府が日本政府に要請したため、海上自衛隊は観艦式への参加を取りやめました。

【究極のデザイン】帝国海軍の旭日旗が自衛隊に受け継がれた経緯
「国際観艦式で旭日旗を掲げないで」韓国政府が日本に要請  ネットで反発高まる 2018年9月19日、韓...

 

【新たな防衛大綱】護衛艦いずもを空母に改修する方針、F-35Bも導入へ
政府は、海上自衛隊の護衛艦「いずも」(JS Izumo, DDH-183)を空母に改修し、F-35Bを導...

 

 

護衛艦いずも(photo:防衛省)

 

 

 

▼この記事をシェアする
Topics
スポンサーリンク
PRESENCE

Leave a Comment