タイトルが酷すぎる「自衛隊幹部が異様な低学歴集団…」という記事

日本のプレゼンス Topics

『自衛隊幹部が異様な低学歴集団である理由 中学校レベルの根性論とパワハラ』

 

低学歴集団?中学校レベル??…こんなタイトルの記事を見たのでまず感想を一言。

「全ての自衛隊関係者に失礼です」

 

高学歴の組織ならレベルも高くパワハラなんていうものとは無関係とでも言いたいのでしょうか?

 

筆者の情報公開請求とプレジデント社との共同取材により、自衛隊幹部は公務員の中でも異様な低学歴集団であることが判明した。しかも、それは米軍や韓国軍にも劣るレベルだという。

まず目立つのは大卒の低さである。大卒以上の幹部(尉官以上)は45.9%しか存在しない(2017年10月末時)。大卒率ほぼ100%のキャリアの国家公務員や米軍の現役幹部の83.8%(15年時)と比べると異常な低さだ。次に修士以上も酷い状況だ。米軍の現役幹部の41.5%が修士号以上を取得している。しかし、自衛隊幹部は僅か5.02%のみ。

そして、注目すべきは高卒の多さである。なんと自衛隊幹部の51%が高卒以下であり、一佐ですら3%の80人が高卒であった(17年10月末時)。中卒の一佐も3人いた。

では、なぜそうなってしまうのか。それは自衛隊が第1に、諸外国の軍隊の中でも知性を軽視しているからだ。

第2は、根性論の重視である。自衛隊の組織運営は根性論とパワハラ全開である。

オスプレイ2機を断念すれば自衛隊の大卒幹部のほとんどを修士課程に、5機を断念すれば自衛隊の高卒幹部約2万人を全員学卒にできる。

自衛隊幹部だけが全公務員の中で、教育の機会を与えられず、中学校レベルの根性論とパワハラで勤務させられるのは差別的待遇でしかない。

自衛隊幹部が異様な低学歴集団である理由

 

ずいぶんと上から目線な文章ですね。

まず、プレジデント社との共同取材により、異様な低学歴集団だと判明って…。プレジデント社ってところでもうアレですね。そして数値を出しつつもオスプレイが〜と書いてしまうところがなんとも微妙すぎる。

過剰な根性論や不必要な精神論は命を危険に晒すことになるので、全く同意できることではないです。しかし、自らの命を守るため、過酷な訓練を耐え抜くための根性論は軽視できないし、それとパワハラを同列に語るのは違う話だと思います。

より多くの幹部が学位を取得でき、自衛官の誰もが広く学ぶ機会を得ることは大切です。問題解決の一助となるために、炎上狙いのタイトルで煽って議論を巻き起こそうとする意図があるのかもしれないけど、やはり目に余るタイトルは逆効果だったのではないでしょうか。もっと良い書き方があったんじゃないかと。

待遇や環境の改善など、自衛隊がより魅力的な組織となるためのポジティブな議論が必要なのだと思います。

 

Twitterの反応

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PRESENCE 日本のプレゼンス

PRESENCE 日本のプレゼンス

日本のプレゼンス

プレゼンス

(photo : 陸上自衛隊HPより引用)

 

 

▼この記事をシェアする

Leave a Comment