スマホで簡単確認 災害警戒区域がわかる「重ねるハザードマップ」

PRESENCE 日本のプレゼンス Life

国土交通省が公開 住所から危険地域を確認できるマップ

災害が発生したら、どのくらいの被害が予想されるのか、そして避難ルートはどうするべきか。

国土交通省が公開している「重ねるハザードマップ」は、住所を入力して、土砂災害や洪水などといった災害の種類を選ぶと、1つの画面に重ねて表示することができます。例えば「土砂災害」の場合は、土砂災害が起きやすい危険な場所が地図上に示されます。また、「洪水」の場合は、河川が氾濫した際の浸水の範囲や深さを地図上で確認することができます。

生活圏内のリスクを認識して、いざというときに早めの避難行動がとれるように確認してみると良いと思います。

 

 

 

 

スマートフォンでの使用法

 

 

 

 

スマホで簡単確認! 身近な河川どれくらい浸水するの?~梅雨や台風に備え、想定最大規模の洪水浸水想定区域が簡単に確認できるようになりました~ (国土交通省ハザードマップポータルサイト)

 

 

 

▼この記事をシェアする

Leave a Comment