戦地から帰還した兵士が家族へ感動のサプライズ

PRESENCE 日本のプレゼンス Topics

胸に迫る、家族や恋人との再会の瞬間

再会を誓った恋人たち。子どもの誕生を遠い戦地で知った父。故郷の家族と離れ任務に就く母。息子や娘の帰りを待ちわびる両親…。戦地に向かうということは、もしかすると二度と会うことができないかもしれないということ。日常に戻れるのは、生きて帰った人のみという厳しい現実。

こちらで紹介するのは、待望の帰国を果たした米軍兵士たちが、サプライズで家族と再会するシーンを集めた動画です。任務を果たして無事戻った彼らが、家族や恋人、仲間との再会の喜びを分かち合う瞬間は、涙なくして見ることができません。

 

And Now! Most Emotional Soldiers Coming Home Moments | Part 1 | RESPECT

And Now! Most Emotional Soldiers Coming Home Moments

 

 

PRESENCE 日本のプレゼンス

 

帰還した米兵の感動的な話題は数多くありますが、自衛官とその家族に関する様々なエピソードに触れる機会は少ないのではないでしょうか。例えば海上自衛隊の場合、任務によっては一度陸から離れてしまうと何ヶ月も家族と会えませんし、潜水艦乗組員は機密上、自分の居場所やいつ帰るかなどの話も一切できません。自衛官も米兵も同じように家族を思いながら過酷な任務を果たしていますが、国内の地上波メディアなどでは残念ながらそのような家族間のエピソードを取り上げることはなかなかありません。そして信じがたいことに、いまだに「戦争を連想させるから迷彩服の人達に違和感がある!」「消防車が飲食店に止まってた、おかしくないか!」「救急隊員が自販機で飲み物を買っていた、勤務中なのに!」「警察官がコンビニで買い物なんておかしい!」などという一部のクレームが時々世間を騒がすこともあります。

どこの国でも軍人、消防士、救急隊、警察官など、危険を顧みず任務に就く人たちの活躍には感謝し、政治的な立場など関係なく敬意を示すのは当然のことではないでしょうか。

 

 

PRESENCE 

 

 

 

▼この記事をシェアする

Leave a Comment