【北海道地震】災害支援の任務に就く人たちへの感謝の声

日本のプレゼンス Salute

Twitterにあふれる  災害支援活動への感謝と称賛

北海道胆振(いぶり)地方を6日に襲った最大震度7の大地震。被災地では、24,000人の自衛隊に加え、警察、消防、海保、自治体関係者など40,000人規模の救助部隊が、24時間体制で不明者の捜索と救助、食料や生活物資の確保、電力などのライフライン復旧に尽力されています。

 

被災地で実際に支援を受けた方々からの、感謝と称賛の声の一部をまとめました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自衛隊・海保・消防・警察・自治体などの対応

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ余震が続いています。甚大な被害と向き合いながら復興支援活動に尽力されている関係者の方々には本当に頭が下がります。

 

 

 

 

 

▼この記事をシェアする

Leave a Comment