護衛艦「てるづき」 西太平洋・南シナ海で日米豪共同訓練を実施

Topics

日米豪3か国の連携強調 中国を牽制 

海上自衛隊は、アメリカ海軍の原子力空母やオーストラリア海軍の艦艇と共に、西太平洋と南シナ海で多国間共同訓練を実施しました。

訓練に参加しているのは護衛艦「てるづき」とアメリカ海軍の原子力空母「ロナルド・レーガン」、それにオーストラリア海軍の強襲揚陸艦など合わせて9隻。19日から始まった共同訓練では、南シナ海からフィリピン東方沖を通り、グアム沖の太平洋の海空域で、それぞれの役割分担や情報共有の手順を確認しながら、敵国の水上艦艇、潜水艦、航空機との戦闘場面を想定した海上作戦を行っているようです。

この共同訓練によって日米豪の強力な連携を強調し、南シナ海で覇権拡大を目論む中国を牽制する狙いがあるとみられます。


海上自衛隊は、次のとおり米海軍及び豪海軍と共同訓練を実施しています。

1 目的 海上自衛隊の戦術技量の向上並びに米海軍及び豪海軍との連携の強化 

2 期間 令和2年7月19日(日)~7月23日(木)

3 訓練海空域 南シナ海及びフィリピン東方沖からグアム周辺海域に至る海空域 

4 参加部隊 (1)海上自衛隊:護衛艦「てるづき」 (2)米海軍:空母「ロナルド・レーガン」、巡洋艦「アンティータム」 駆逐艦「マスティン」 (3)豪海軍:強襲揚陸艦「キャンベラ」、駆逐艦「ホバート」 フリゲート艦「アランタ」、「スチュアート」、補給艦「シリウス」

5 訓練項目 各種戦術訓練


日米豪共同訓練について (海上自衛隊) 



「アメリカ、日本と共に任務にあたるのは貴重な機会です。洋上での安全と平和を維持するには、各国の海軍がシームレスに連携する必要があります。私たちの海軍間の複合的なタスクは、オーストラリアとアメリカ、日本との高度な相互運用性と能力を実証しています」(マイケル・ハリス オーストラリア軍統合任務群司令官)

The opportunity to work alongside the U.S. and Japanese is invaluable,” said Commodore Michael Harris, commander, Australian Joint Task Group. “Maintaining security and safety at sea requires navies to be able to cooperate seamlessly. The combined tasking between our navies demonstrates a high degree of interoperability and capability between Australia, the U.S. and Japan.

「アメリカ海軍、オーストラリア海軍との連携を強化することは日本にとって極めて重要であり、また、この地域における自由で開かれたインド太平洋の実現にも貢献するものと確信しています。志を同じくする両海軍との共同訓練によって、戦術的、運用面での進歩を促すとともに、互いの友情をより強めてくれることでしょう」(坂野祐輔 第4護衛隊司令)

“The high end interoperability we enjoy with the JSMDF and ADF provides us the unique ability to meet at-sea and immediately operate at an advanced level. This highlights the enduring nature of our alliances with Japan and Australia,” said Capt. Russ Caldwell, commanding officer, USS Antietam. “The United States is fortunate to routinely operate alongside its allies across the Indo-Pacific, and coordinated operations like these reinforce our mutual commitments to international maritime norms and promoting regional stability.”

Australia, Japan, Join U.S. for Trilateral Naval Exercise (US Navy)


護衛艦「てるづき 」(JS Teruzuki, DD-116

汎用護衛艦あきづき型護衛艦 (2代)の2番艦。艦名「てるづき」は、「照りかがやく月」に由来し、旧日本海軍の秋月型駆逐艦2番艦「照月」や海上自衛隊の護衛艦隊初代旗艦を務めた護衛艦「てるづき」など伝統ある名称であり知名度が高いことから選定された。漢字表記の「照月」を含めて、この名を受け継ぐ日本の艦艇としては3代目に当たる。

116 てるづき (海上自衛隊)


共同訓練の様子

Australia, Japan, Join U.S. for Trilateral Naval Exercise (US Navy)



China Panic: Australia joins United States and Japan in naval exercise as concerns grow over China
China Panic: Australia joins United States and Japan in naval exercise as concerns grow over China(
US Military Defense)




▼この記事をシェアする

Leave a Comment

タイトルとURLをコピーしました