【陸自】人道支援活動でフィリピンに教室を建設  

日本のプレゼンス Salute

日、米、比 合同で建設した学校教室の完成式典が開催

陸上自衛隊がアメリカ軍とフィリピン海兵隊と合同で建設した学校の完成式典が、フィリピンで9日、開催されました。このプロジェクトは、陸上自衛隊が参加したフィリピン海での「カマンダグ」合同訓練における人道支援活動の一環として実施されました。

 

フィリピンのカヴィテ州で9日、陸上自衛隊がアメリカとフィリピンの海兵隊と合同で建設した教室などの完成式典が開かれました。式典では、感謝の気持ちを込めて生徒たちによる歌やダンスが披露され、折り紙で作った花やメダルなどが関係者たちに手渡されました。

「教室の建設前は、1教室に52人の生徒がいました。今は34人に減り、学校の先生や両親たちも、とても助かっていると思います」(カヴィテ州教育省の職員)

「本当に嬉しく誇らしく思っています。生徒たちが勉強する環境が改善すれば、この上なく幸せです」(陸上自衛隊 野村悟氏)

陸自が米比軍と合同で教室を建設、フィリピンで完成式典 (TBS NEWS)

 

 

 

学校の建設〜完成式典を伝えるTweet

自衛隊と海兵隊は、新しい学校を建てるだけでなく、ケアセンターも修復して医療サービスを行いました。学校の完成式典ではアメリカ、フィリピン、日本の国旗が並べられ、子どもたちから歌や踊りの大歓迎を受けたようです。

 

 

 

 

▼今年3月に新設された陸上自衛隊の水陸機動団は、フィリピン海で実施されたアメリカとフィリピンの共同訓練「カマンダグ」に参加しました

【陸自】水陸機動団 海外で実施された合同訓練に初参加 
アメリカとフィリピンの合同軍事訓練「カマンダグ」 アメリカ海軍のドック型揚陸艦USSアシュランドと海兵...

 

 

 

 

 

 

▼この記事をシェアする

Leave a Comment