集中豪雨・台風シーズンへの備え「土のう」「水のう」の作り方

Life

浸水への備え 現場に学ぶ防災術

年々増えている台風やゲリラ豪雨などの大雨による被害。

2018年に発生した『平成30年7月豪雨』(西日本豪雨)では、岡山、広島、愛媛など西日本を中心に多くの地域で河川の氾濫や浸水害、土砂災害が発生し、各地に甚大な被害を与えました。

これからの台風・大雨シーズンで、浸水被害を最小限に抑えるためには、日頃からの備えが大切です。

自宅への浸水を防ぐ手立てとして有効な「土のう」「水のう」の作り方について、倉敷市消防局が動画でわかりやすく紹介しています。

.

倉敷市消防局のTweet

.

https://twitter.com/kurashiki_fire/status/1271349991940845568

.

.

倉敷市消防局

.

ハザードマップポータルサイト

.国土交通省が運営する、「ハザードマップポータルサイト」では、身の回りでどんな災害が起こりうるのか調べることができます。

ハザードマップポータルサイト(国土交通省)

.

.

.

.

.

.

.

.

▼この記事をシェアする

Leave a Comment

タイトルとURLをコピーしました