【航空機事故を想定】在日アメリカ陸軍と相模原市消防局で合同訓練実施

日本のプレゼンス Salute

ファーストレスポンダー訓練 UH-60ヘリコプターの事故を想定

在日アメリカ陸軍航空大隊は、キャンプ座間の消防隊・医療部隊と相模原市消防局と合同で、航空機墜落事故を想定した訓練を実施しました。

 

United States Army Garrison Japan’s Directorate of Emergency Services and the U.S. Army Aviation Battalion Japan conducted a UH-60 helicopter incident bilateral exercise Nov. 16, 2018, on Sagami General Depot.

Tsuyoshi Nakayama, Sagamihara City Fire Department rescue team member, said a dozen staff including firefighters, rescue and medical teams from his fire department participated in the exercise to test the emergency response process with their Garrison counterparts.

Frank Wombwell, DES regional fire chief, said it’s critically important to train not only with his personnel but also with Sagamihara city’s first responders, because it will improve everyone’s skills and lead to a higher level of safety for the firefighters and the people who they protect.

 

2018年11月16日、米陸軍駐屯地救急隊と在日アメリカ陸軍航空大隊は相模総合補給廠(アメリカ陸軍の補給施設)でUH-60ヘリコプターの事故を想定した訓練を実施した。

相模原市消防局の救助チームのツヨシ・ナカヤマは、消防署員・救助隊・医療チームを含む約12人のスタッフが緊急対応プロセスをテストするために訓練に参加したと話した。

DES(アメリカ国防兵站局)所属のフランク・ウォムウェル局長は、人員だけでなく相模原市のファーストレスポンダー(災害事故発生時の初期対応者)も訓練することが非常に重要だと話した。それは、すべての技能を向上させ、消防士や守る人々の安全性を高めるからだ。

Bilateral exercise puts USAG Japan and Sagamihara City first responders to the test (U.S.ARMY)

 

 

▼訓練の様子

Downed Aircraft Casualty Exercise

(US Army Aviation Battalion – Japan)

 

 

 

在日アメリカ陸軍航空大隊 (US Army Aviation Battalion – Japan) 神奈川県キャンプ座間に駐屯するアメリカ陸軍の部隊。元の部隊名は、第78航空大隊。UH-60Lブラックホークを装備している

 

 

相模原市消防局 神奈川県相模原市の消防部局。管轄区域は相模原市全域。

 

 

 

 

▼この記事をシェアする

Leave a Comment